太陽を見方に電気代節約

『太陽光発電 屋根』 最新ツイート

@solarmerit

ソーラーパネルの設置にあたっては、屋根の強度が重要になります。太陽光発電を検討中であれば、まず見積もりをとる前に自宅の屋根について調査してもらい、設置条件や適合する設置方法についても事前に確認する事をお勧めします。

4時間前 - 2017年10月22日


@nishizima_solar

太陽光発電は屋根一体型にするべきか?デメリットも知っておこう!! https://t.co/0jO7a5sweL

6時間前 - 2017年10月22日


@Tocho_TwitPress

「屋根ぢから」ソーラープロジェクト(東京都環境局)( https://t.co/fKssGcbJHS )では、ツイッターアカウント @yaneyane_tokyo から、ゆるキャラ「やねぢからくん」が屋根ぢから(都内での太陽光発電に関する潜在能力)に関する情報を発信しております。

7時間前 - 2017年10月22日


太陽を利用して発電しよう♪

太陽光発電は屋根を積極的に利用する

太陽光発電を利用して売電収入を得ようと考えられているかたはおおいのではないでしょうか。
大規模なメガソーラー発電所から、家庭用の小規模発電まで、現在売電をとりまく環境は多岐にわたります。
太陽光発電の最大のメリットは、ソーラーパネルを設置するだけで簡単に発電を始められるところです。
さらに、太陽さえあたれば、場所はどこでも発電ができるので、今まで使ってなかった土地などに一躍脚光があたりました。
そんななかで、設置場所としてもっともお手軽に始められるのが、建物の屋根だといえます。
建物のなかで最も太陽があたり、余計なものが設置されていませんので、パネル設置場所としては最適だといえます。
また、屋根の素材にとって太陽光は劣化をすすめるだけですので、パネルでそれを保護できるというメリットもあり、一石二鳥だといえます。
太陽光発電を始めるときに注意が必要なポイントは、屋根が古過ぎると、雨漏りの原因になってしまうことです。

太陽光発電の設備を住宅の屋根に設置する際の注意点について

太陽光発電は自然エネルギーの一種である日光を電力に変換する発電設備で、環境を汚染せずに発電できることから広く普及しています。
また、専用の設備の小型化が進んだことで住宅の屋根に取り付けて電力を賄うことが可能になっています。
太陽光発電は石油燃料や原子力に依存せずに発電ができるメリットがある一方で天候に左右されやすく、日光が遮断されると機能しないデメリットもあります。
特にソーラーパネルにゴミや雪などの異物が覆い被さると発電できなくなるので、設備はこまめに点検することが大切です。
住宅で太陽光発電を行う場合、日光を効率的に浴びるために建物の屋根に設備を取り付けるのが一般的ですが、設備の点検やソーラーパネル上の異物の除去などを行う際は安全確保に気を配る必要があります。
また、住宅の屋根の上は風雨に晒されやすく、設備の劣化も進みやすい点を注意します。
設備が劣化すると発電効率が低下するので、定期的に点検を行って良好な状態を保つように心がけます。

check

北九州の不動産

Last update:2017/10/13

Copyright © 2015 太陽を見方に電気代節約 All Rights Reserved.